line ズーコンポスト line ビオス野菜 line プロダクツ line 会社案内 line 都市菜園 line お問い合わせ
   
 
自治体担当者の方へ

マーク
   地域のバイオマス事業や堆肥施設の非効率にお悩みの自治体担当者の方へ

現在、畜産業の実態で厳しい規制を課せば、畜産業就労者は事業継続を断念せざるを得ない状況に追い込まれてしまいます。

一方で畜産廃棄物による環境問題は放置できません。最も現実的な方法は、公共による全面的支援ですが、恒久的な対策であってはいけません。なぜなら特定の産業に対して全面的な支援を継続することは、産業の弱体化を助長し、新たな問題を発生させる原因となるからです。

畜産業、とりわけ養豚農家は近隣への影響、「悪臭、水質汚濁」だけでなく、「河川・地下水の汚染防止」「温室効果ガスの低減」など取り組んでいますが、環境は国民共通の課題でもあります。

地域産業としての畜産を守り育てるため、様々な対策はとられてきましたが、「ズーコンポスト」は設備投資が少なく、必要な運営費用を稼ぎ出すことが可能で、加えて良質な有機肥料が大量に生産されるので地域の有機農業化に勢いがつくことになります。

マイナスをプラスに変える「ズーコンポスト」で地域の畜産に設備整備の支援を行い、自立した地域の畜産を考えてみてください。

支援型
クリアー
直接支援型
自治体が設備の整備を直接行い、地域の農協、養豚組合に運営委託する従来堆肥施設と同じスキームです。大きく違うのは、有機肥料と抗菌性蛋白質飼料の2つの生産物が得られるので、運営収入が比較にならないほど良好になります。環境の改善、運営収入の確保、就業機会の拡大、有機農業への転換などのメリットがあります。


クリアー
PFI型
クリアー
PFI型
この方式では、公共事業の安定性と、民間事業の効率性を合わせ持ち、事業構造の改革を推進し、公共財政負担を極力減らしていくことも可能となります。収入が安定してあるので事業の安定感があり、PFI事業に適しています。
 ◆ 地域の農協、養豚組合などに委託運営させる方法
 ◆ 地域の民間企業に委託運営主体企業として委託させる方法


クリアー
活用型
クリアー
「バイオマスニッポン総合戦略」活用型   http://www.maff.go.jp/j/biomass/
バイオマス資源の利活用は、国の将来、農村の将来を占う大きな目標の一つです。畜産排泄物の有効活用はこの施策の大きなコンテンツであり、各自治体の共通した対策項目です。
「バイオマス利活用アドバイザー (JORA)」のご紹介などのサポートをいたします。




homeへ戻る    


Copyright © 2015 bbb-japan.com. All rights reserved.